ドコモ・dカード・ドコモ光などのあれこれを語りつくします!

ドコモかしこも

ドコモのサービス ドコモの機種変更

ドコモの648円スマホに機種変更する前に! ここだけは押さえておきたい重要なポイントをわかりやすくお伝えします!!

更新日:

2018年12月1日からのドコモの値下げで、なんと! 648円スマホがドコモに登場してます!!

流行りの格安スマホなんかでも、こんなに安いスマホはさすがにありません。2万円台か、ぎりぎり1万円台ってとこですよね、安くても。ここまで安いと、昔あった一括0円スマホとほとんど変わらない気がしますね!

 

そんなに安いなら買うしかないじゃん!

 

ですよね!! 私もそう思います! でも、ちょっと待ってください、買う前にちゃんと、大事なポイントは押さえておきましょうね!

ドコモの648円スマホ・4種類をご紹介します☆

ドコモに舞い降りた648円スマホを、ご紹介します!!

お勧め順です!

 

エントリーNo.1:SONY・Xperia XZ1 Compact SO-02K

 

えっ!? これXperiaじゃん! 人気モデルだよ?? ホントに648円!?

 

そうなんですよ、びっくりしますよね。でも、ホントのホント、648円なんです!!

 

誰もが驚く、なんと人気モデル、ソニーのエクスペリアが648円モデルになってしまいました!!

一気に在庫がなくなってしまう恐れもありますし、即購入したいくらいですよね。

 

事実、4月1日現在、もう在庫がほとんどなくなりつつあります・・・。

 

元々発売されたのが、2017年11月17日なので、1年以上前の機種ということになりますが、スペック的には申し分なく、十分すぎる機能があります。

旧機種とはいえ、docomo with機種を選ぶよりもむしろ、こちらを選んだが性能は高いです!

後半の注意事項を確認する前に、念のため在庫をチェックしておいてください!

残り在庫わずかなので、購入ご検討の場合は猶予がありません!

公式ドコモオンラインショップで在庫を確認

 

エントリーNo.2:富士通・arrows NX F-01K

 

arrows? 聞いたことないな・・・。

 

まりちゃん!! 割れない刑事ですよ! 小栗刑事山田刑事のやつです!!

 

あー、「お前arrowsじゃないのかよ!!」ってやつね!

 

arrow(アローズ)という名前は知らなくても、割れない刑事は見たことある、という人は多いと思います!

MIL規格準拠でそれまでの防水・防塵だけでなく、耐衝撃性能他、非常に高い耐久性能がウリのスマートフォンです。

デザインもシンプルかつ持ちやすく、操作性も快適です。

Xperia XZ1 Compactと並んで、今回の648円機種(2年利用時・実質価格)の目玉となっています!

 

エントリーNo.3:V30+ L-01K

 

新たに「実質648円スマホ」に追加された、V30+ L-01Kです!

ほぼ同性能のJOJO L-02Kは一足早く648円機種となり一気に売り切れてしまいましたが、今回そのJOJOよりもさらにコラボがない分使い勝手がいいと言われるV30+が、なんとSPECIAL特典+端末購入サポート適用で一括648円機種への仲間入りです! メチャメチャお得です!

 

これすごいね。元々相当ハイスペックだし、圧倒的にお得すぎるね。私も買おうかなー。

 

上記2機種に勝るとも劣らない性能を持つ、V30+ L-01Kが驚きの648円スマホになりました!

このスペックでこの価格、これだけ安ければ「買い」と言ってよさそうです。

注意点としては、やはり残り在庫がどれほどあるのか、という点です。急ぎましょう!

 

エントリーNo.4:M Z-01K

 

製造メーカーはZTE、中国のメーカーです。折り畳み型の2画面タイプのスマートフォンという、非常に珍しい型です。

その分、少し手を出しにくいかもしれませんが、明確な利用イメージが持てるなら、他にはない特徴的なスマホとして活用できると思いますよ!

 

 

ただ、648円機種としては上記3機種があるうちは、なかなか選びにくいです。

逆に言えば、最終的にこの機種を選ばないといけなくならないように、早めにXperiaかarrows、V30+のどれかを手に入れる必要があるんです!

 

でもね、これサブ端末として考えるならめっちゃいいよ! 漫画とか見開きで読めちゃうし、ゲームもしやすいし!

 

なんといっても648円なので、まだ買い替え予定じゃなかった方でも、この機会に買っておくのもありですね!

 

ドコモの648円スマホの秘密を大暴露!!

「648円」には二つの意味があります/『実質』と『一括』

ここまで、648円スマホが登場したよ!と一口でご紹介してきましたが、ここからはその内容を細かくご案内していきますね!

 

648円、という部分について、実は細かく言うと、2つの意味があるんです。

それは、「実質648円」と、「一括648円」です。

ドコモはじめ、ケータイキャリアではよく出てくるのでご存知の方もいらっしゃると思います。

 

一括648円は、そのままの意味で、一括648円で買えます。

ですけど、実質648円は、あくまで2年間利用した場合のトータルでの金額、なので、一括で購入しようとすると、とりあえず目の前の金額としては数万円かかったりします。

 

では今回のドコモの648円機種はどちらなのか、というと、購入対象オーダーによって違うんです!

ここ、とても重要です!!

 

MNP新規・通常新規・契約変更・機種変更で一括648円? 実質648円?

現在ドコモで648円機種に設定されている機種は、端末購入サポート適用による一括648円の機種と、月々サポート適用による実質648円の機種があります。それぞれどの機種がどちらなのかは、購入時に確認しましょう!

どっちにしても、「一括648円」「実質648円」どちらも、確実に2年間利用することが前提であれば、全く金額としては変わりません。

ただ違う点としては、1年弱でもし、買い替えた場合には内容が変わってきます

 

2年使えばお得さは同じなのに、1年ちょっとだと変わってしまうの??

 

そうなんです! 端末購入サポート月々サポートの内容の違いによって、そういうことが起こってしまうんです!

 

つまり、月々サポートは、基本料金から24ヶ月をかけて割引をしていく形をとるので、割引を全額受けようと思ったら必ず2年、使い続ける必要があります。

一方で端末購入サポートの場合、初めに端末代金からサポート料金を引いてくれるので、支払いは完全に一括648円になった上で、解除料がかからない縛り期間が12ヶ月なので、2年も使わなくても、割引全額の恩恵を受けられる、という構造なんですね。(※12ヶ月:正確には手続きの翌月を1ヶ月目として12ヶ月満了するまで・合計14ヶ月をまたぐ

なので、同じ648円、といっても、よりお得と言えそうなのは、端末購入サポートによる一括648円の機種、というわけなんです!!

 

端末購入サポートは月々サポートよりもお得!? わかりにくい内容を詳細解説

月々サポートの意味がわからない!? わかりにくい内容を詳細解説!

 

通常新規契約や機種変更ではお得じゃない?

てことは、通常の新規契約や、普通に機種変更したい場合にはお得じゃないってこと??

 

いえ、そういうわけではありません! その場合も、最低でも2年ご利用されるのであれば、端末代金が実質648円しかかからないのは同じなので、とってもお得です

ただ、2年を超えて3年、4年ともし同じ機種を使い続けられるのであれば、ずっと毎月1,500円を割引してくれる、docomo withの方がお得になっちゃう、というわけなんですね!!

 

ここはとても大事なポイントなので、しっかりおさえておいてくださいね!

特に一番多いと思います、機種変更。

648円、超お得じゃん! って思って変えてみたところ、使い勝手がよくて、結局3年も4年も使っちゃったとします。そしたら、もしその間、docomo withだったらどうなりますか? 1,500円をずっと割引してもらえるんですから、3年で54,000円、4年なら72,000円分も割引してもらえるはずなんです。

もったいなくないですか!?

それなら初めから、あえて648円機種を選ばずに、docomo with機種を選んでいれば、端末代金は3万円~4万円したとしても、2年くらいで元を取るんですよ。ということは、それ以上、つまり3年も4年も同じ機種を使い続けることができたなら、docomo withの方が最高にお得になるってわけです!!

 

だからもし648円機種を選択するのであれば、2年後の段階で、改めてdocomo with機種などへの買い替えを検討した方がいい、ということです。

そこで買い替えたとしても、引き続き今回購入した648円のXperia XZ1 Compactを使い続けることはできますし、購入した機種が必要なければ予備として持っておいてもいいですし、転売してしまえば購入代金の元を多少取り戻すことができます。

なおかつ、docomo withの1,500円の割引きは受けることができる、というわけですね。

 

MNP新規や契約変更、機種変更で一括648円スマホは絶対買ったがいい??

なるほどねー。じゃあ逆に、端末購入サポートによる一括648円スマホは絶対買ったがいいってことかな?

 

そうですね! なんといっても、約1年後にはまた自由になるので、月々サポート適用の実質648円機種よりも1年早く、docomo with機種への買い替えを検討できるんです!

 

でも結局docomo withにするんなら、わざわざそんな2年後とか1年後とか待たずに、最初からdocomo withにしたらいいんじゃない?

 

ごもっともです!!

ただ、今回の648円機種を購入する最大のメリットとしては、docomo with機種ではなく性能の高い人気のXperiaやarrowsを格安648円で手に入れられる、という点がポイントなんです!

なので、一括648円機種の場合、最短1年弱docomo withにするのを待つだけで、ハイスペック機種が手に入るならお得ですよね!

 

定価をご案内しておくと、Xperia XZ1 Compactが77,760円、arrows NXが88,128円なんです。これが、648円なんですから、どう考えても、手に入れて損は一切ありませんよね。

 

そして今の時期、もう一つ気になるのが、ドコモの学割や他のキャンペーン(ウェルカムスマホ割ドコモオンラインショップSPEICAL特典など)との兼ね合いです。その辺りも続けて解説します!

 

ドコモの学割対象の方にもお勧めなドコモの648円スマホ

2018年12月~2019年5月にかけて展開されているドコモの学割は、料金割引の特典については昨年同様docomo with対象機種購入の場合には適用外となってしまいます。

しかし、648円スマホ購入時には全く問題なく、学割、適用します。

なので、25歳以下の学割対象者の場合、最初の一年目については、docomo with機種を購入するよりも648円機種を購入する方が、確実により安く持つことができます

二年目についても、docomo withや学割のような割引きは「なし」になりますけど、端末代金がその分ないので、結果docomo with機種を購入した場合と変わらない料金でいけます。

つまり、1年目が安い分、学割+648円スマホの方がオトクってことです。

 

ただし、これは上でも書きましたけど、docomo withは2年を超えて継続すると本領発揮してきますので、ずっと3年も4年も648円スマホを使い続けると不利になってきます。

一括648円機種なら1年、実質648円スマホなら2年で買い替えを検討するといいと思います!

 

ウェルカムスマホ割適用時もお得

FOMAケータイからXiスマホへの機種変更の際に割引が適用するウェルカムスマホ割についても、特に648円スマホを選んだから割引が適用しないなんてことはありませんので、安心して648円スマホを選べます!

 

ウェルカムスマホ割は学割と違ってdocomo withとも併用できますから、学割の時ほど648円スマホの方がお得、というわけではありませんが、純粋にXperiaやarrows を格安で手に入れられる、という点を考えるといいと思います。

特にウェルカムスマホ割適用時には、購入オーダーはMNP新規契約か契約変更になるはずなので、どちらも端末購入サポート適用で、一括648円になります。

1年後のdocomo withへの買い替えを踏まえて648円機種を手に入れるとよさそうです!

 

さらにお得に! ドコモオンラインショップを活用しましょう!

648円スマホ、まだ在庫は大丈夫でしょうか、もし悩んでいるのなら、こまめにチェックしておいてくださいね。

ここまで安くなっているんですから、いつなくなってもまったくおかしくないです。

 

公式ドコモオンラインショップで在庫を確認

 

648円スマホの購入は、もはや当たり前かもしれませんけど、ドコモオンラインショップを利用されてください!

当然その理由は、本当に648円で購入するためです。

 

お店にいくと、普通に頭金乗ったりするので、648円→10,648円になってるかもしれません!! 冗談抜きで。

手数料もドコモオンラインショップで完全無料のところ、お店だと2,000円とか3,000円かかるんですから、いずれにしても本体代金648円より高い・・・

モノの代金よりも手数料が高いってすごいですよね。

 

安い機種は安く、最もお得に安く買える場所をちゃんと選んで購入しましょうね!

※「実質負担金」は、SPECIAL特典の割引適用後、月々サポートで最大24か月間ご利用いただいた場合の金額になります。月々サポートはFOMA/Xiの基本使用料、国内通話通信料、パケット定額料、付加機能使用料(一部を除く)の合計額から割引きます。

※「割引適用後価格」は、端末購入サポート、SPECIAL特典適用後の金額です。適用には指定プラン加入、および2年定期契約(自動更新)が必要となり、途中解約時は10,260円(税込)の解約金がかかります。また端末購入サポートについては、最大13か月以内での回線契約の解約などをされた場合に、端末購入サポート割引額の半額に相当する金額の解除料がかかります。







1

dカード GOLDはお得お得って言われますけど、年会費が10,000円かかるのは紛れもない事実です!!   1万円・・・そんなに年会費かかったら、さすがにお得とか言えなくないですか? &nb ...

-ドコモのサービス, ドコモの機種変更

Copyright© ドコモかしこも , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.