ドコモ・dカード・ドコモ光などのあれこれを語りつくします!

ドコモかしこも

ドコモのサービス

ドコモのスマホおかえしプログラムは超微妙!? 理解できるまで超解説します!

投稿日:

2019年6月1日からスタートしたギガホ・ギガライトという新プランに合わせて、従来の料金プランは完全に新規受付を終了しました!

そして、もうずいぶん長いことドコモの割引サービスとして定着していた月々サポート・端末購入サポートも完全になくなってしまいました。残念ですね。

それにより、端末価格を割引するサービスがドコモでは完全になくなってしまったため、新たに6月1日より、「スマホおかえしプログラム」が開始されました!

 

なんかすごそうなの出てきたね!

 

そうなんです・・・ってあれ!? まりちゃん、夏バージョンですか!?

 

いつもかしこちゃんばかり優先されると思ったら大間違いよ! って、かしこちゃんも夏っぽい格好ね。

 

私はメインキャラですから!

では、今回は夏服バージョンで、ドコモの「スマホおかえしプログラム」について、ストン! と腑に落ちるまで、解説していきますね!!

 

新プランの基礎知識はこちら!

▼▼

ドコモのギガホをわかりやすく超解説ドコモのギガライトを楽しく解説

スマホおかえしプログラムをわかりやすく解説します!

 

ドコモの「スマホおかえしプログラム」が一体どんなサービスなのか、という点をまずは解説していきます! わかりやすく、ドコモの公式プログラムから引用します!

 

スマホおかえしプログラムは、プログラムにご加入いただいたお客さまが36回の分割払いで購入された対象機種をご返却いただいた場合に、その翌々月請求分以降の分割支払金(最大12回分)のお支払いを不要とするプログラムです。

 

よくわからないわ!

 

つまりですね、スマホおかえしプログラムは、まず36回の分割払いで購入することが、大前提なんです。そして、その買った機種をドコモに返却すると、分割払いの中の最大12回分の支払いをしなくてもよくなる、ということなんです!

 

例えば、Xperia 1を36回払いで買ったとします。そして2年経過する前にドコモにXperia 1を返却しました。すると、36回の中の後半12回分を支払う必要がなくなるので、単純に総額の3分の1がお得になるんです!

 

なるほど・・・。実質価格が総額の3分の2程度、と考えると、月々サポートのイメージに少し近づくね。

ただ、36回分割の後半12回が支払不要ってことは、2年数ヶ月とか経過後に機種返却するとどうなるの? 分割が終わっちゃう3年以上使ったら?

 

2年後、正確には分割支払いの25回目以降に購入機種を返した場合、残り月数分の分割金額が支払不要になるので、タイミングによって負担総額は変わってきます!

2年経過し、3年に近づけば近づくほど、総額からの割引額は少なくなる感じですね。

最終的に3年(分割36回目)を超えると、スマホおかえしプログラムは適用なし、ということになります!

 

てことは、購入機種を2年以上、長期で利用すればするほど不利、ということね。うーん。

 

スマホおかえしプログラムの特徴として、最大の割引き額を確保できるのが、割賦回数として24回目までに購入機種を返却する、つまり次の機種変更を実施することなんです!

なので、大体いつも2年周期で機種変更している、という人にとっては、今までの月々サポートに近いメリットがある反面、3年、4年と同じ機種を使い続ける人にとってはメリットなし、ということになってしまいます。

 

つまり、ドコモのスマホおかえしプログラムは、恩恵を受ける人も確実に存在してはいるものの、すべてのお客様に等しくメリットがあるものではない、ということです!

スマホおかえしプログラムの価値については、この記事後半で改めて考えます!

 

スマホおかえしプログラムの適用条件はたった2つだけです!

ドコモのスマホおかえしプログラムの適用条件は、本当に簡単です!

たった2つの条件を満たすだけなんです!

一つは、対象のスマホを36回分割支払いで購入すること!

もう一つは、スマホを返却すること、です!

 

えっ、それだけ? ギガホギガライトにしないといけないんじゃないの!?

 

いいえ! ギガホやギガライトにせずに、旧プランのカケホーダイプランやシンプルプランのままでも、購入されるスマホが対象の機種でさえあれば、スマホおかえしプログラムは適用されるんです!

 

これは嬉しいわ。だってまだプランは変えず、そのままにしておきたいって人、結構いると思うから。

 

スマホおかえしプログラムも月々の支払いイメージはこんな感じです!

以下、24ヶ月目でスマホおかえしプログラムを利用した場合の、機種代金のイメージです!

スマホ代金を108,000円として、3,000円×36回払い、25回目から36回目までが支払不要になるので、負担額としては72,000円です!

 

 

2019年夏モデルの、支払い総額と実際の負担額の関係について、一覧にしてみます!

 

支払総額 分割支払金
(36回/月)
スマホおかえしプログラム適用時の負担額
Xperia 1 SO-03L 103,032円 2,862円 68,688円
Galaxy S10 SC-03L 89,424円 2,484円 59,616円
Galaxy S10+ SC-04L 101,088円 2,808円 67,392円
Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L 114,696円 3,186円 76,464円
AQUOS R3 SH-04L 89,424円 2,484円 59,616円
HUAWEI P30 Pro HW-02L 89,424円 2,484円 59,616円
Xperia Ace SO-02L 48,600円 1,350円
LG style2 L-01L 38,880円 1,080円
arrows Be3 F-02L 33,048円 918円
Google Pixel 3a 46,656円 1,296円

 

確かにイメージとしては「月々サポート適用後実質価格」みたいな感じだね。

でも、Xperia Aceやarrows Be3の適用時負担額がないのはなぜ?

 

実は、スマホおかえしプログラムには「対象機種」があるんです! 2019年夏モデルのスマホでは、Xperia Ace、arrows Be3、LG Style2、Google Pixel 3aが対象外です!

以下、スマホおかえしプログラムの対象機種です。

 

スマホおかえしプログラム対象機種

ドコモのスマホおかえしプログラム対象機種は以下の通りです!

 

スマホおかえしプログラム・対象機種

iPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XR/iPhone X/iPhone 8/iPhone 8 Plus

Xperia 1 SO-03L/Galaxy S10 SC-03L/Galaxy S10+ SC-04L/Galaxy S10+ (Olympic Games Edition) SC-05L/AQUOS R3 SH-04L/HUAWEI P30 Pro HW-02L/Xperia XZ3 SO-01L/Galaxy Note9 SC-01L/Xperia XZ2 SO-03K/Xperia XZ2 Premium SO-04K/Xperia XZ2 Compact SO-05K/Galaxy S9 SC-02K/Galaxy S9+ SC-03K/HUAWEI P20 Pro HW-01K/AQUOS R2 SH-03K/arrows NX F-01K/V30+ L-01K/JOJO L-02K/Xperia XZ1 SO-01K/Xperia XZ1 Compact SO-02K/Galaxy Note8 SC-01K/M Z-01K

Google Pixel 3/Google Pixel 3 XL

 

docomo with対象機種なんかのミドルレンジの機種が軒並み含まれてないね。

 

そうなんです。つまり、元々安い機種は対象外、高価格帯のハイエンドモデルが対象になる、ということですね。

ミドルレンジモデルでは、docomo withでも割引は一切なかったですから、その点は全く同じ、ということになります!

 

なるほどね。ということは、スマホおかえしプログラムを期待して購入するのなら、購入時に対象機種かどうかはしっかり確認しておきたいところね。

 

プログラム「加入時」の受付チャネル

スマホおかえしプログラムを利用する時ではなく、最初に加入する際の受付チャネルは、ドコモショップ、ドコモ取扱い店舗、ドコモオンラインショップです!

加入は機種購入時、ということになるので、購入手続きができる場所で同時に申し込みができる形になっているんですね!

加入時の条件は以下の通りです。

 

・対象機種を、支払い回数36回の割賦販売契約または個別信用購入あっせん契約により購入すること。

・対象機種購入時に申し込みすること。

 

申し込み条件はとっても簡単ですね! 対象機種を36回分割で購入するだけです!

 

プログラム「利用時」の受付チャネル

実際にスマホおかえしプログラムを利用する場合の受付チャネルは、加入時とはやや異なり、ドコモショップおよびドコモ取扱い店舗のみでの受付となり、ドコモオンラインショップでは取扱いできません。

利用可能期間としては、対象機種購入月の翌月を1ヶ月目として、購入から35ヶ月目の月末まで、となります。

返却は、開始当初はまだ対象者がいないこともあり受付されず、2019年8月下旬ころから受付が開始されます!

 

スマホおかえしプログラムの利用時条件

スマホおかえしプログラムを実際に利用する場合、「スマホを返却する」必要があるので、その返却に際しての返却条件や査定条件が存在しています!

 

スマホの返却には、以下の条件を満たす必要があるので要注意です!

 

【返却条件】

・対象機種がドコモの指定する正規店で購入されたものであり、ご購入時における不備・不正がないこと。

・ご返却時における対象機種分割支払金の未払いおよび対象機種の回線契約にかかる料金の未払いがないこと。

・対象機種に記録されているメモリ・データが消去できること(一切のデータは加入者ご自身の責任で消去すること)。

・対象機種を改造していないこと。

・加入者が対象機種の所有権を有していること。

・以下の査定条件を満たし、査定が完了すること。

 

【査定条件】

・対象機種に故障、水濡れ、著しい外観破損および画面割れがないこと。

・その他のドコモ指定の査定基準を満たしていること(店頭で確認があるため、電池パックを装着した状態で持参)。

 

もし万が一、査定条件を満たしていない場合に査定条件を満たすためには、20,000円(税抜)(ケータイ補償サービス加入の場合は2,000円)の故障時利用料を支払う必要があります!

 

逆に言えば、ケータイ補償サービスに加入していればその場合も2,000円で済むので、安心ってことね!

 

そういうことです! ただし、対象機種が査定条件を満たしていない場合に、対象機種返却時点での分割支払い金残額が「故障時利用料」以下であるときは、本プログラムを利用することはできません!

 

まぁ、その状況で利用できたところで何のメリットもないから当然といえば当然ね。

 

スマホおかえしプログラムの主な注意点をまとめます!

スマホおかえしプログラムの内容が、大体見えてきたわね。

 

そうですね。後は細かい注意点について、観ておきましょう! 主なところを取り上げてみます!

 

対象機種の回線契約を解約していてもOKです!

仮にドコモの回線契約を解約したとしても、利用条件さえ満たせば、スマホおかえしプログラムは適用されます!

つまり、ドコモを解約して、購入した対象スマホの割賦がまだ残っているなら、そのスマホを返却することで最大12回分の割賦支払いが不要になるということです!

 

修理やケータイ補償を利用した機種でも、スマホの返却は可能です!

破損や水濡れなどで故障した場合に、故障修理やケータイ補償サービス等を利用していたとしても、スマホの状態が正常であれば、スマホおかえしプログラムを利用することはできます!

もしケータイ補償利用時に、在庫不足によって機種が変更になってしまっていたとしても、購入時の対象機種の割賦販売契約または個別信用購入あっせん契約が継続していれば、スマホおかえしプログラムの利用は可能です!

 

分割支払金残額を一括払いしてしまうと、スマホおかえしプログラムは利用できません!

スマホおかえしプログラムの加入者が、本プログラム加入後、対象機種の分割支払金残額を一括支払いなどで精算してしまった場合、当然のことながら、支払い不要になるはずの分割支払い金がないのですから、スマホおかえしプログラムは利用できません!

スマホおかえしプログラムの利用意向があるにも関わらず、うっかり一括精算をしてしまわないように注意してください!

 

dポイントを利用した場合は総額を分割したあと、順に充当されます! NEW 

スマホおかえしプログラム利用時の。ポイント充当方法が2019年9月5日購入分より変更されます。

従来は、総額からポイント分を割り引いた金額を36回払いに分割されていましたが、9月5日以降は、総額をまず36回分割して、その後最初の支払いから順番に利用したdポイント分を割り引いていく形になります!

2年後、スマホおかえしプログラムを利用して免除される12ヶ月分の中に利用したdポイント分が含まれなくなるので、お客様優位となります!

 

スマホおかえしプログラムって・・・お得?

結論として、スマホおかえしプログラムってお得なのか、ちょっと悩んじゃうね。

 

まぁ、お得はお得だと思いますけど、条件付きで、というところでしょうか。後は、利用機種を返却しないといけない、というところもどう考えるか、ですね。

 

考え方としては、機種変更応援プログラムとか下取りに近い部分もあるけど、どっちかというと月サポの代わりみたいなところもあるわけで、やっぱり5月31日以前の割引き施策全体と比べると、見劣りしちゃうかもね。

 

そういう面は否めないかもしれません・・・。その分、ギガホ・ギガライトで毎月の利用料金が安くなると考えれば。

 

単純に、スマホおかえしプログラムが適用しないミドルレンジスマホについては、ギガホ・ギガライト開始以前も月サポ・端サポなどの割引きなしだったわけなので、そちらは大きな影響はないと言えますが、やはり影響が出るのは高価格帯・ハイエンドモデルについてです。

ハイエンド機が欲しい!と思っている場合には、基本的に2年スパンで買い替えてスマホおかえしプログラムを適用するのが一番お得になる、ということを、これからは意識しておきましょうね!

 

ところで、今回ついに私も初めて、新しい「夏服バージョン」になったことでもわかるけど、これってどう考えても人気急上昇中としか思えないわ!

メインの座も近いわね。

 

ま、まりちゃん、あくまでメインキャラは私です! 譲れません!

 

次はどういう服装がいいか、赤井先生に相談してお願いしないといけないわ・・・ぶつぶつ

 

聞いてないですね・・・。







1

dカード GOLDはお得お得って言われますけど、年会費が10,000円かかるのは紛れもない事実です!!   1万円・・・そんなに年会費かかったら、さすがにお得とか言えなくないですか? &nb ...

-ドコモのサービス

Copyright© ドコモかしこも , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.