ドコモ・dカード・ドコモ光などのあれこれを語りつくします!

ドコモかしこも

ドコモの新機種

Galaxy Feel2 SC-02Lはdocomo withでも高いスペックの優良機種です!

更新日:

ドコモから2018-2019年冬春モデルとして発表された、サムスンのGalaxy Feel2 SC-02Lは、昨年に引き続きdocomo with対象機種として11月9日に発売されました!

価格もほぼ前機種と変わらない、総額42,120円とされていて、人気を集める可能性大です。

ディスプレイが大きく、さらに使いやすくなったGalaxy Feel2に要注目です!

 

メタル&ガラス素材の背面デザインも素敵です!!


Galaxy Feel2 SC-02Lの価格と発売日

ドコモの2018-2019年冬春モデル・Galaxy Feel2 SC-02Lの発売日は、11月9日発売とされています!

当初、10月下旬という予定になっていましたが、やや遅れた感じですね。

冬春モデルのdocomo with対応機種としては、AQUOS sense2が今冬発売ということで、まだ発売日の見通しが立っていないので、今から早めに買い替えの検討をしたいという方については、夏モデル以前のdocomo with機種にGalaxy Feel2 を加えたラインナップから選びたいところです。

 

Galaxy Feel2 のイメージとしては、前機種Galaxy Feelのイメージをそのまま引き継いでいるので、電池持ちに優れたスペック高めのdocomo with対応スマートフォンと考えるといいでしょう。

価格は総額42,120円で、docomo with機種のため端末購入補助が適用されず、そのままの料金を一括または割賦での購入、ということになります。

仮に割賦24回の場合は、月々1,755円×24回となります。

docomo withで毎月1,500円(税込1,620円)が割引されるとはいっても、端末代金がかかってくる2年の間はプラスにはなりません。2年以上同機種をひたすら使い続ければ、長く使えば使うほどお得になっていきます。

 

同じ機種を使い続ける限り、毎月1500円の割引がずっと継続しますよ!

 

docomo with(ドコモウィズ)を完璧にわかりやすく解説します!

スポンサーリンク




特徴に乏しいけれど安定しているGalaxy Feel2

Galaxy Feel2 は、docomo with機種の中では比較的全体のスペックが高いのが特徴です。そのため、価格はやや高いものの長く使えばより有利になっていきます。

 

前機種と比較して、ディスプレイサイズが4.7インチから5.6インチへ、RAMは3GBから4GBにアップしましたし、アウトカメラのF値が1.9から1.7へ、インカメラの画素数が500万画素から1,600万画素へと大幅アップです!

また、指紋認証だけでなく、顔認証にも対応しました!

強力な突出した特徴はないものの、基本スペックがかなり向上していて、安心して利用できるスマートフォンと言えます。

電池の持ちについては、前機種があまりにもよすぎた(約170時間)ため、今回は電池持ち時間約140時間でかなり性能が落ちたように見えてしまいますが、実際のところそれでも冬春モデルでトップクラスの電池持ちの良さです。

docomo withで毎月の料金割引の恩恵を受けつつ、できる限り安定した高いスペックのスマートフォンを使いたいという方にはお勧めの一台です!

 

スマホ初めての方から使い方に慣れた方まで、幅広い方にお勧めの一台です!

スポンサーリンク




Galaxy Feel2のスペック詳細と比較

冬春モデルのAQUOS sense2と簡単なスペック比較をしてみます。

 

 

Galaxy Feel2 AQUOS sense2
サイズ 約149×約70×約8.4mm 約148×71×8.4mm
重量 約168g 約155g
バッテリー容量 3,000mAh 2,700mAh
電池持ち時間 約140時間 未定
RAM/ROM 4GB/32GB 3GB/32GB
ディスプレイ 約5.6インチ
有機EL
720×1480(HD+)
約5.5インチ
IGZO
2,160×1,080(FHD+)
防水・防塵 IPX5/IPX8・IP6X IPX5/IPX8・IP6X
CPU Exynos7885
2.2GHz+1.6GHz
オクタコア
SDM450
1.8GHz
オクタコア
カメラ メイン:約1,600万画素
サブ:約1,600万画素
メイン:約1,200万画素
サブ:約800万画素
テレビ ワンセグ 非対応
おサイフケータイ 対応 対応
価格 42,120円 31,752円
発売日 11月9日 今冬

 

Galaxy Feel2とAQUOS sense2のサイズ感は非常に近いです。デザインはお好みです。

目に見えてスペックが高いとわかるのは、RAMとカメラの画素数くらいのもので、細かい部分は少しわかりにくいですね。あとはワンセグがあるかないかの差です。Galaxy Feel2のワンセグは、アンテナ機能付きアダプタを充電端子に取り付ける必要があるので、持ち運びの手間があり、極端な話考え方によっては会ってもなくてもそう変わりません。

それでいて価格は1万円の差があるので、ここは考え方次第です。

私だったら、そんなにこだわりがなければ、AQUOS sense2をお勧めするかもしれません。

目に見えにくいスペックよりも、目に見えるデザイン、そして明確な数字として表れる価格で有利な方がお勧めはしやすいですよね。

そう考えると、Galaxy Feel2よりはAQUOS sense2の方がやはり売れるかもしれません。

 

スペックは高い方がいいけど、値段は出来るだけ安い方がいいですよね!

スポンサーリンク




ホームキーがなくなって指紋センサーが背面に

Galaxy Feel2は、ホームキーを兼ねた指紋センサーがディスプレイ下部から取り外されてしまいました。

その結果、全面がディスプレイになったことで、非常に画面が見やすく大きくなりました。

指紋センサーはどこに行ったのかというと、Galaxy S9やGalaxy Note9と同じ背面に移動しています。

最近の機種はほとんどが背面に指紋センサーがありますので、この変更は仕方がないところです。使っているうちにすぐに違和感はなくなります!

むしろ、大画面で写真も映えますし、インターネットなども使いやすくなったので、メリットの方が大きいと思います。

逆に、どうしてもホームキーが欲しい、という方は、AQUOS sense2がまだディスプレイ下のホームキーを残しています。

 

Galaxy Feel2は売れる!?

手数料が無料頭金もかからず待ち時間もないドコモオンラインショップでの機種購入は、非常にお得であるにも関わらず、まだまだ全体の中での利用比率は数%程度のもので、以前としてドコモショップ等での購入が多いのが現状です。(「ドコモオンラインショップは完全手数料無料でお店に行かなくていいから超便利で超お得」)

そのため、Galaxy Feel2が売れるか、売れないか、その命運を握るのは、ショップで販売を行う方々にそのスマホが好かれるかどうか、店員さんたちが「この機種は売りやすい」と思って勧めてくれるかどうかにかかっています!

そういう意味で、Galaxy Feel2はAQUOS sense2との差別化がそこまで明確にしにくいため、1万円の価格差であればAQUOS sense2を勧めよう、という流れになってしまう可能性が高いです。

 

ただdocomo with機種は長く使った方がお得、という事実は間違いないので、スペックが少しでも高いGalaxy Feel2を選んだ方が長期的に見たらオトクともいえるんですね。

後は選ぶのは購入するお客様次第、というところです。

私だったら、割れにくくて洗える、夏モデルのarrows Beもいいなぁって思います!

 







-ドコモの新機種

Copyright© ドコモかしこも , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.