ドコモ・dカード・ドコモ光などのあれこれを語りつくします!

ドコモかしこも

ドコモの新機種

ドコモのXperia XZ3に機種変更するべき!?買わない方がいい?

更新日:

ドコモの冬春モデルでXperiaの最新フラッグシップモデル「Xperia XZ3」が発売されました!

でも、Xperia、どうなんでしょうか。

最近、というか、Xperia XZ2ですが、パッとしなかったですよね。むしろXperia XZ1の方が売れに売れているという・・・。

まぁ、Xperia XZ1が売れているのは性能の問題というより単純に価格の問題なので、とにかく安ければ売れる、といういい例です。

Xperia XZ2も今後旧機種になり価格が一気に下がれば売れるかもしれません。かなり在庫抱えてるでしょうしね。売れる!と思って出したXperiaが売れなかったらそうなりますよね。

 

しかしそうなると、Xperia XZ3の立場は結構微妙です。当然スペックの高いフラッグシップモデルなので、価格はそれなりに高いでしょう。

となると、高くても欲しくなる程度に魅力的な機種なのか、という点が非常に重要です!

他に、Galaxy Note9やGoogleのPixel 3など性能の高い機種も新機種にはラインナップされてます。そういう機種に絶対に負けない強みがあるんでしょうか!?

ということで、Xperia XZ3について、リサーチしてみました!

 

11月9日に発売されました!! カラーによっては在庫がなくなるほどの人気です!

 

ドコモ2018-2019年冬春モデルを元携帯ショップ店員視点でまとめてみます!


ドコモから発売決定のXperia XZ3(SO-01L)の特徴

 

Xperia XZ3が最初に発表されたのは海外のイベントでした。

そして少し日を置いて10月11日、auより2018年秋冬モデルとしての発売が一足先に発表されました。それに続くようにソフトバンクからも。

さらに日が空いて、10月17日のドコモの新商品発表会で、最後にドコモからの発売も発表され、11月9日に発売開始されました。

注目ポイントを挙げてみます!

 

Xperia 初の有機ELディスプレイ搭載

今回のXperia XZ3 SO-01Lの大きな特徴としては、Xperia初の有機ELディスプレイを搭載し、4K有機ELテレビ・ブラビア で培った高画質技術を結集し、漆黒と光、色彩とコントラストを緻密に描き出している、という点です! 引き込まれるような映像美が実現されています!

有機ELのディスプレイの美しさは身近なところでずっと有機ELディスプレイを採用してきているGalaxyシリーズを観れば明らかですし、実際に利用してみても、期待通りと言えます!

 

私もXperia XZ3に機種変更したんですけど、メチャメチャ明るくて鮮明で綺麗でしたよ!!

 

カメラについても引き続き高い性能を維持していて、デジタル一眼で撮ったような写真、動画を簡単に撮影可能。Xperiaを横に構えるだけで簡単にカメラを起動できる「スマートカメラ起動」も搭載しています。

さらに、約1,320万画素、F値1.9の新しいレンズを採用したサブカメラにより、うす暗いシーンのセルフィー(自撮り)も、明るく、きれいに可能となりました。

 

インカメラは性能アップ! メインカメラはXperia XZ2と同等です!

 

私はセルフィーはあまり撮らないので、どっちかというとサブカメラよりもメインカメラの性能にさらにこだわってもらいたいところでしたが、今回はXperia XZ2から現状維持となりました。まぁそれは仕方ないですね。

インカメラはかなり明るく進化してますよ!

 

ということで、メインのカメラをXperiaで重視したいのであれば、引き続き夏モデルで発売された、Xperia初のデュアルカメラを搭載した、夏モデルのXperia XZ2 Premiumが最強です。

ただし、この水準のままでは、iPhoneやGalaxyには追い付けないので次回は頑張ってもらいたいですね!

 

どっちにしても、docomo withの各機種よりは数段上のカメラ性能があるのは間違いありません!

 

カメラならXperia! ・・・と、本当は全力で言いたいんです!

スポンサーリンク




大画面でも片手で快適操作

Xperia XZ3は、最新OS Android 9 Pieを搭載するハイスペックモデルで、大画面でも片手で快適に操作できる新しいユーザーインターフェイス「サイドセンス」によって、より使いやすくスマートに進化しています。

Xperia XZ2と比較した場合の大きさの感覚としては、ディスプレイも全体のサイズもやや大きくなっていますが、印象としてはそう変わらないのかなと。

というより、むしろスタイリッシュになってかっこよくなった感じですよ!

なので、デザイン性を重視するのであれば、Xperia XZ3、必見です!

 

サイドセンスは人を選ぶ?

Xperiaの新しい機能であるサイドセンスは、ディスプレイのサイド、曲線になっている部分をダブルタップすることで、そのタップした場所の横にアプリ一覧が出て来る機能です。

出てくるアプリは自分で選んだり固定したりもできますし、AIで自動的に予測して必要な時に必要なアプリを出してくれる機能も搭載しています。

 

ただ、実際問題、こういう機能使います? となっちゃうんですよね。

もう少し感度をよくするとか反応エリアを広げるとか、もし可能ならしてもらいたいなと思って実際に利用してみたら・・・便利です! 結構便利!

まぁ、このサイドセンスがあるからXperia XZ3を買う!という人はさすがにいないでしょうけど、あっても困らないですし、使って駄目なら使わなければいいので、そういう意味では一つ、期待して確認したい機能と思っていいと思います!

 

ダブルタップより、スワイプとかで反応してくれる方が使いやすかったかも・・・。

スポンサーリンク




Xperia XZ3 SO-01Lのスペック

ドコモから発売されたXperia XZ3 SO-01Lのスペックを確認しておきます。

 

サイズ 158×73×9.9mm
重量 193g
メモリとストレージ
(RAM/ROM)
4GB/64 GB
SIM
nanoSIM
OS Android 9.0 Pie(パイ)
CPU クアルコム Snapdragon 845
電池容量 3,200mAh
電池持ち時間 約100時間
充電
USB Type-C
ワイヤレス充電(Qi)
防水・防塵 IPX5/IPX8・IP6X
カラー ブラック
ホワイトシルバー
フォレストグリーン
ボルドーレッド
ディスプレイ 約6.0インチ
有機ELトリルミナス ディスプレイ for mobile
メインカメラ 約1,920万画素
2,880×1,440(Quad HD+)
サブカメラ 約1,320万画素
指紋センサー 対応(背面)
発売日 11月9日

 

個人的に少し気になったのは、電池容量はXperia XZ2よりも増えているのに、電池持ち時間は減ってしまった点ですね。Xperia XZ2の電池持ち時間は125時間でした。25時間も減ってます。

おそらく要因としては、ディスプレイの性能アップがかなり影響しているのではないでしょうか。CPUもメモリも一緒ですしね。

特に電池持ちにこだわりがあったり、短いと困るという方は注意した方がいいでしょう。

 

Xperia XZ3に機種変更はあり!?

 

Xperia XZ3は、その全体のスペックを考えれば十分購入する価値のある機種だと思います。デザインもXperia XZ2と比べてかなりカッコいいです!

ただ、夏モデルでXperia XZ2やXperia XZ2 Premiumを購入している場合、あえてXperia XZ3に乗り換える必要性はほとんどないと言ってよさそうです。

最近の傾向そのままに、劇的な進化はしていません。先に書いた通り、電池の持ちなどについてはややスペックダウンしている点も観られるので、有機EL採用はいい面ばかりではないのかもしれないということもわかりますね。

 

また、auとドコモに限っては、夏モデルにおいてさらにハイエンドなモデルとしてXperia XZ2 Premiumを発売しているため、そちらとの比較となると途端に性能アップの度合いがかすんでしまいます。

よくよく検討の上、購入を決めましょう!!

スポンサーリンク




購入するならドコモオンラインショップで!

最新2018-2019年冬春モデルとして発売が予想されるXperia XZ3を購入するなら、必ずドコモオンラインショップを選びましょう!

もうその理由は皆さんご存知のはずです!

頭金0円! 手数料無料! 待ち時間なし! オプションなし! dカード GOLDならポイントもお得!

完全無欠のお得具合で、もはや店頭購入をする意味はありません!

ドコモオンラインショップは完全手数料無料でお店に行かなくていいから超便利! 超お得!

 

まずは上の記事を読んでいただいて、しっかりオンライン購入について学んでからチャレンジしましょう!







-ドコモの新機種

Copyright© ドコモかしこも , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.