ドコモ・dカード・ドコモ光などのあれこれを語りつくします!

ドコモかしこも

ドコモのプラン

ドコモの1980円を徹底解説! どこよりも安くなる可能性を追求!

更新日:

テレビでドコモの1,980円、という一休さんのCMを見かけることが増えてきました!

 

えっ? ドコモで1,980円になるんですか? それって格安SIMとかと同じくらい安いんじゃ!?

 

そう思われた方も多いと思います。気になりますよね。

一体どうやったら、ドコモでそんな料金が実現できるのか、そもそもそれは真実なのか、落とし穴はないのか、わかりやすく解説していきます!

ドコモで1980円は実現可能! だけど、少しハードルが高い!

ドコモで月額1,980円を実現するためには、まず抑えておく必要がある点があります!

それは、1回線のみの単独では月額1,980円を実現することはできない、という点です。

ドコモの1,980円を実現するためには、少なくとも家族分を合わせて合計3回線以上が必要です。

 

わかりにくい話になりますので、まずは単独回線でのドコモの最安値を改めて振り返っておきます。

現在ドコモで最も安くスマホを利用できるプランは、シンプルプランです。これにspモードをつけ、パケットパックはベーシックパックを利用します。

ベーシックパックは4段階制のパケットプランですが、最低ラインのステップ1(~1GBまで)で抑えることができた場合、月額料金2,900円となります。

さらに、ここでdocomo withを利用します! それにより、月額料金から1,500円が安くなります。

 

さて、これで以上の合計金額はというと、2,680円です。なかなか安くなりましたね。これでも正直、以前のドコモの金額からすれば相当安いと思いますし、1,980円にはならなくても十分、と思わせてくれる水準の金額と言っていいと思います。

ただ、今回の目的は、どうすればドコモで1,980円を達成することができるのか、ということなので、これではまだ、足りません。

最初にお伝えしたとおり、1,980円を実現するためには、家族分最低3回線を用意して初めてチャレンジすることができます。

続けて本命の、そちらの内容について解説します。

 

1,980円の実現には家族3回線をベーシックシェアパックで利用する

最低料金月額1,980円を実現するためには、家族の回線を3回線用意した上でベーシックシェアパックを利用します。

その上で、3回線ともシンプルプラン+docomo withを利用し、パケットパックの料金を全回線で均等割りするシェアパック分割請求オプションを利用します。

加えて代表回線はプラチナステージであるとします。すると・・・。

 

 

3回線の合計金額が5,940円、1回線あたり1,980円が実現します!

 

どうでしょうか? なんとなく、わかったようなわからないような・・・という感じではないでしょうか!?

もう一度ポイントをまとめてみます。

 

ドコモで1,980円を実現するための条件

・ファミリー3回線以上でベーシックシェアパックを利用

・ステップ1で収まることが前提

・シェアパックの代表回線はプラチナステージ

・全回線シンプルプランdocomo with

・全回線わかりやすく均等料金の1,980円にしたいならシェアパック分割請求オプションを利用

・消費税は別

・回線数が増えれば増えるほどより安くなる

 

ある程度初めから条件を満たしている、という方も意外にいらっしゃると思いますけど、実際のところ家族の回線数が増えれば増えるほど、シンプルプランでは足りずカケホーダイライトプランカケホーダイプランを利用したいという回線が出てきたり、docomo withではなく最新iPhoneが欲しいという家族もいたりとなかなか足並みが揃わない、ということもありそうです。(ドコモのカケホーダイプランとカケホーダイライトプランを使いこなす方法

また、代表回線がプラチナステージ、というのも、ドコモを長期15年以上利用していれば問題ないですが、そうでない場合は過去6ヶ月で10,000ポイント獲得という条件を満たさないといけないので、とりあえずdカード GOLDの利用が必須で、かつかなり積極的にdカード決済またはiD決済を使っていかないと条件を満たせません。

 

そう考えると、あえて上記の条件をすべて揃えて月額1,980円を狙うよりも、最初に解説した単独回線での2,680円を目指す方が実は簡単です!

もしdカード GOLDを活用してプラチナステージを実現できていれば、さらに200円安くなって、2,480円で利用できます!

 

一休さんのイッキューパッにはなりませんけど、家族回線に頼る必要もありませんし、料金的にも十分ではないでしょうか!?

 

ドコモの1980円を新の格安利用へ

もし上記条件をすべて満たし、月額、1980円の世界をドコモで実現することができたなら、実は他社の1,980円よりもドコモの方が非常にお得です。

何故なら、ドコモの1,980円は、シンプルプランやベーシックパック、docomo withと言った、期間を切らないプランによって成り立っているため、auやUQモバイル、ワイモバイルのような最初の一年限りの1,980円とはわけが違うんです!!

なので、条件は確かに少し厳しい部分もありますけど、とりあえずその水準に近づける努力をしてみる価値は十分にあります!

 

そして、限界までドコモの料金を安くすることに成功したなら、さらにその先の世界にチャレンジしましょう!

まずは、ドコモ光の利用です。

ドコモ光を利用することで、ベーシックパックがドコモ光パックとしてドコモ光セット割引が適用されます。

そして、決定的にお得になるのが、dカード GOLDです!

シェアパックとドコモ光を利用している場合、dカード GOLDによるdポイント10%還元が劇的に効果を発揮します。

ポイント付与を最大効率にするためには、シェアパック分割請求オプションはとりあえず利用せず、代表回線に料金を集めるようにしましょう。その方が、効果的にdポイントが貯まります。

 

ドコモの1980円を達成するための各条件について詳細を知っておく

ドコモの1,980円を実現するための各条件についてここまで解説してきましたが、その各条件となっているサービス内容については最低でもある程度は理解しておきたいところです。

それぞれのサービスについての詳細記事も合わせてご案内しておきます!

 

docomo with(ドコモウィズ)を完璧にわかりやすく解説しますよ!

dカード GOLDはドコモ最強クレジットカード!? 年会費が気にならなくなる秘密!

ドコモのベーシックパックで大失敗! 一度変えたら戻れないから詳細内容を要チェック!!

ドコモのシンプルプランが危ない!? 注意点と安く使うための方法を解説します!

 

正しく理解して、賢く使いましょう!!







1

携帯ショップでの手続きの最大のデメリットってなんだかわかりますか? ズバリ、時間がかかることです。 私が言うのもなんですけど、行かなくていいなら行かない方がいいです。 長時間同じ椅子に座っているのは、 ...

-ドコモのプラン

Copyright© ドコモかしこも , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.