ドコモ・dカード・ドコモ光などのあれこれを語りつくします!

ドコモかしこも

ギガホ/ギガライト

みんなドコモ割でみんなハッピー!! でも一人だと残念な感じです!

投稿日:

いよいよ新プラン・ギガホ/ギガライトが2019年6月1日よりスタートです!

それに合わせて同時に開始される割引サービスが、「みんなドコモ割」です。

ギガホ・ギガライトを対象として、同一「ファミリー割引」グループ内で条件を満たした回線数に応じて、月額料金を各回線ごとに最大1,000円割引する、という内容です。

ファミリー割引は、三親等以内の親族であれば、同居・別居を問わずグループを組むことができるので、条件としてはそれほど難しくもありません!

 

ギガホ・ギガライトにするなら必ず活用したい「みんなドコモ割」についてご案内しますね!

 

新プランの基礎知識はこちら!

▼▼

ドコモのギガホをわかりやすく超解説ドコモのギガライトを楽しく解説

みんなドコモ割の対象プランと割引金額

ドコモの「みんなドコモ割」は、対象プランに「ギガホ」・「ギガライト」という新プランを設定した割引サービスです!

割引金額は、ファミリー割引グループ内で条件を満たした回線数が2回線以上なら1回線あたり500円引き、3回線以上なら1回線あたり1,000円引きになります!

 

1回線あたりってことは、全回線が対象になることもあるってこと?

 

そうです! 3回線以上なら、それぞれ1,000円割引きになるので、1,000円×回線数がお得ということになります!

 

じゃあ回線数が多ければ多いほどお得感が大きいわね。

 

その通りです!

 

みんなドコモ割の適用条件には音声通話可能なプランの契約回線をカウントします!

みんなドコモ割の大前提は、上に書いた通り、対象料金プランを利用していることです。つまり、ギガホ・ギガライトのいずれかですね。

その上で、適用のための条件としては、ファミリー割引グループ内で条件を満たす回線が2回線以上あること、なんですけど、「条件を満たす回線」っていうのが何かというと、具体的には「音声通話が可能な料金プラン(2in1、キッズケータイプラス、キッズケータイプランを除く)契約回線」ということになり、これがカウント対象となります!

なので、音声通話が可能な回線が2回線以上で500円引き、3回線以上で1,000円引き、ということになります!

逆に言えば、上に上がった2in1、キッズケータイプラス、キッズケータイプランにタブレットやiPadのデータ通信専用プランの契約については、みんなドコモ割の回線数カウントの対象になりませんので注意です!

 

具体的なみんなドコモ割のカウント対象プランについては以下の通りです。

 

みんなドコモ割カウント対象料金プラン

・ギガホ/ギガライト/ケータイプラン

・カケホーダイプラン(スマホ/タブ)/カケホーダイプラン(スマホ/タブ)【iPhone】

・カケホーダイプラン(スマホ/タブ)(SIMフリー)/カケホーダイプラン(ケータイ)

・カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)/カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)(SIMフリー)

・カケホーダイライトプラン(ケータイ)

・シンプルプラン(スマホ)/シンプルプラン(ケータイ)

・タイプXi/タイプXiにねん

・タイプLL/タイプL/タイプM/タイプS/タイプSS/タイプシンプル

・タイプリミット/タイプビジネス/ファミリーワイド/ファミリーワイドリミット/ファミリーワイド2in1/リミットプラス/ビジネスプラン

・FOMAプラン39/FOMAプラン49/FOMAプラン67/FOMAプラン100/FOMAプラン150

 

「ずっとドコモ割コース」「フリーコース」、「バリューコース」「ベーシックコース」および定期契約なしの料金プランもカウント対象です!

 

みんなドコモ割は申し込み不要・月額料金などもありません!

みんなドコモ割は、上記の条件を満たしさえすれば自動適用する割引なので、個別の申し込みなどは一切必要ありませんし、もちろん月額料金などもかかりません

 

みんなドコモ割適用時の料金イメージ

ギガホ利用の場合、ギガライト利用の場合の料金イメージは以下の通りです。

 

<ギガホ利用の場合>※2年定期契約あり

1回線 2回線 3回線以上
割引額 ‐500円 ‐1,000円
割引適用後の料金 6,980円 6,480円 5,980円

 

<ギガライト利用の場合>※2年定期契約あり

1回線 2回線 3回線以上
割引額 ‐500円 ‐1,000円
割引適用後の料金 ステップ4
~7GB
5,980円 5,480円 4,980円
ステップ3
~5GB
4,980円 4,480円 3,980円
ステップ2
~3GB
3,980円 3,480円 2,980円
ステップ1
~1GB
2,980円 2,480円 1,980円

 

ギガホではみんなドコモ割・3回線以上で5,980円、ギガライトでは最低1,980円です! 

1回線あたり最大月1,000円の割引きでも、年間では12,000円違いますし、これが家族回線分が増えれば増えるほど2倍、3倍とお得になる金額が変わってきます!

これを機会に他社の家族をドコモに連れてきちゃいましょう!

 

両親、おじいちゃん、おばあちゃん、姉、姉、妹、妹、兄、兄、弟、弟・・・。これなら自分を入れると13回線ね。年間12,000円×13回線で、家族全体で年間15万6,000円もお得だわ!

 

ま、まりちゃん、そんなに大家族だったんですね!

 

そんなバカな! うちはパパママと妹と私の4人でファミリー割引4回線よ! 例えばの話よ!

 

ですよね・・・。(新キャラフラグが立ってる・・・)

 

みんなドコモ割をモデルケースでご案内します!

 

上の図を見てください! お母さんと娘さんが、それぞれギガホ・ギガライトを利用していますよね。それに対してみんなドコモ割が二人ともに1,000円引きで適用されています。

一方で、カケホーダイプラン利用中のお父さんと、キッズケータイプラス利用中の息子さんは、みんなドコモ割適用がありません。何故なら、対象料金プランである「ギガホ」「ギガライト」を利用していないからですね。

 

なるほど。カウント対象、というところは、音声回線ならカウント対象だから、父、母、娘がカウント対象で、合計3回線以上、つまり1,000円ずつの割引きってことね。

 

そうです! ただキッズケータイプラスを利用中の息子さんだけは、みんなドコモ割のカウント対象にもなっていません。

ただこの場合は、他の父、母、娘、というところで3回線以上が達成できてしまっているので、あまり関係ありませんが。

こんな感じで、なんとなく、イメージはつかめるのではないかと思います!

 

みんなドコモ割はギガホ割やはじめてスマホ割など各種割引と重畳可能です!

ドコモのみんなドコモ割は、「ハーティ割引」、「ドコモ光セット割」、「はじめてスマホ割」「ギガホ割」との重畳適用が可能となっています!

この点も安心できるポイントですね!

 

その他、対象料金プランの月額料金が日割り計算される場合には、みんなドコモ割の割引額も日割りになるので、その点は注意しましょう。

 

みんなドコモ割は確実にお得になるポイントと言えそうね。

 

そうですね。ただ、従来のdocomo with適用の場合のプランと比較した場合、みんなドコモ割が3回線以上で適用されているのが大前提みたいになってしまっている部分があって、みんなドコモ割なしだと今までよりも逆に高くなってしまうケースもあるので、単独でドコモを利用されている方は、少し注意した方がいいかもしれません!

 

何それ、じゃあ一体どうしろっていうの!?

 

従来プランの維持、ですね・・・。

機種購入の場合も、ギガホ・ギガライトに変更しないと損をする、ということはないので、みんなドコモ割が適用せず新プランで全体の料金が今までより高くなってしまうようなケースに該当してしまった場合は、今後納得できるプランや割引が登場するまでは、じっと現状プランを維持する方がいい、ということになります。

しっかりシミュレーションして、慌てて新プランに変更して損いてしまうことだけはないようにしましょうね!

 







1

dカード GOLDはお得お得って言われますけど、年会費が10,000円かかるのは紛れもない事実です!!   1万円・・・そんなに年会費かかったら、さすがにお得とか言えなくないですか? &nb ...

-ギガホ/ギガライト

Copyright© ドコモかしこも , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.